カテゴリー
買い物 insta360go2 楽天市場

自撮り棒を購入したらヘアカラーが届いた件とinsta360GO2の真の楽しみ方を見い出せた気がした件

最近はだいぶ聞かなくなった自撮り棒、みなさまのは何cmまで伸ばせますか?

自撮り棒(セルフィー、セルカ棒)

スマホとSNSの普及に伴い自撮り文化が広まった
昔はカメラの画角が狭く自撮りをしても自分しか写らないので、周りのみんなや風景が入らない
そこで現れたのがセルフィーともいわれる自撮り棒なるモノで、スマホやカメラを先端に固定し自撮り棒を伸ばすと遠くから撮影ができるようになり、自分だけでなく周囲も写す事ができるようになる

どんどん進化を遂げ手元でシャッターを切るべく有線やBluetooth接続を搭載したり、簡易三脚になるも、物凄く伸びるモノ、ドローンタイプのセルフィーなども登場いたしました

そして時は流れ現在はスマホのインカメラも一般的に搭載され広角化、画質向上が進み自撮り棒なしでも広く撮る事ができるようになってきて自撮り棒は新たな役目を求め旅立ちました

その1つはYouTubeです
YouTuberといわれる新しい人種
彼らはカメラを片手に自撮りをしつつ色々な場所へ行き色々語るそんな事を生業としております

画質と音質を求めるべく、スマホではなくミラーレスやコンデジが主流となり機材の重量化やカメラも広角化や背景をぼかせる程の明るいレンズを搭載仕出したのでそこまで長い自撮り棒でなくても安定して持てると良いため短めで持ちやすく操作パネルなども付いてるグリップ式の自撮り棒、シューティンググリップといわれるものの登場です

そしてスマホでの動画撮影が一般的になり画質向上だけでなく動画としての質の向上を計るべく、元は映画や動画撮影の現場で使われてた手ブレを補正するスタビライザーが電動式(ジンバル)が現れ、そして小型化して一般人にも使える便利さと携帯性の向上電動式手ブレ補正機能付きの自撮り棒として進化を遂げ普及しました

人類の飽くなき探究心は留まるところを知らず、カメラやスマホの軽量化が進み、自撮り棒もまた耐久性や耐荷重が上がりどこまで伸ばせるか、そんな野望に目覚める自撮り棒も登場しております

このように自撮り棒は利用者数こそ落ち着いたものの多様性を獲得し進化を続けています

そんな自撮り棒ですが、今回購入しようと第一候補にあがったのが長さを極めた自撮り棒です
調べた限りだと最長3mのがあるようでポチりそうになりましたが、グッとこらえました

購入を辞めた1番の理由が重たさと価格ですです
2つの候補があり


1つはinsta360GO2公式の3m自撮り棒
225gですが送料込で9,000円


もう1つは3,000円くらいですが460gもあります
お財布を軽くするか、荷物を重たくするか悩み出た結論が

もう少し短くて安いので試してみよう

でしたので、早速楽天市場を漁りました
条件としては
・2,000円未満(1,000円ちょい希望)
・1m以上(少し足りなくても可)
・先端が三脚ネジ(1/4オス)
・手元に三脚穴(1/4メス)

それで何個か候補が見つかりました





さらに1つに絞りポチッとしました
そして送られてきました?
と思ったらラベルには「化粧品」「ヘアカラー」という記載が…
あれ?何か間違えて購入した?
それとも向こうのミス?
発送元と購入履歴を確認してみても自撮り棒だよねと思いつつ開封してみました

化粧品、ヘアカラーと記載された自撮り棒、しかも105cmと書かれてる

何も問題ありません、注文した自撮り棒です

ちなみにお値段は送料込みで1,018円
ありがたい価格です
とりあえず伸ばしてみます
記載の通りスマホホルダーを外したら110cmでした
スマホホルダーを付けると116cmかもしれませんがそっとしまっておきます
それでも110cmは結構長いです
自撮り棒自体も軽いので取り扱いは問題ないです

試しにソニーα6400とSELP1650(計560gくらい)を取り付けて伸ばしてみました

かろうじて使えます

たわみますが伸びて一応使えますが軸がくるんくるん回るので、すぐにカメラが下向きになります(重量オーバーと思うので自己責任で)

バランス崩すとすぐ下を向きます

今回の購入目的はミラーレス用ではなく
insta360GO2用なので重さは問題ありません

insta360GO2なら何も問題ありません

insta360GO2と足元に三脚を付けてみました
問題ありません
三脚が雲台(ボールジョイント)だからか、かなりしっかり止めないと倒れやすいです

三脚穴があるのは地味に嬉しい

三脚取り付けはオマケ程度でメインは手持ち撮影なので問題ありません

そして試し撮りもしてきました

感想はめっちゃ楽しい
もうむしろinsta360GO2はウェアラブル(装着)ではなく長い自撮り棒に取り付けて使うのが正しいのではないか、この使い方のが楽しいという事を教えてくれたようです

自撮り棒もう1本購入し2mにしても良いかもと思います

ちなみに自撮り棒は伸び縮みさせるとどこか削れてるのか鉄臭さが気になります

そして余談ですが
insta360GO2付属のマグネットペンダントが無くなりました
見つけた方はご一報ください

マグネットペンダント見つけたらお知らせください
小型アクションカメラ 重さ27グラム 4メートル防水 手ブレ補正 ハンズフリー POV撮影 1/2.3インチセンサー 充電ケースとマウントアクセサリー
+2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA