カテゴリー
考察 検証 カメラ α6400 ログ

ソニーのミラーレス一眼で4K30pの動画が何時間撮影できるか気になったので撮影した結果とんでもなく長時間撮影ができた話(動画もあるよ)

ミラーレス一眼の動画撮影には30分制限というのがあり、動画を30分以上撮影できるのは、スチルカメラ(静止画がメイン)ではなくビデオカメラ(動画がメイン)の扱いになり、ヨーロッパへの輸出の際の関税が高かったらしいです

ただ少し前に解除され、新しい機種は30分制限が外されたり、ファームのアップデートで制限解除された機種もあるようです

制限解除前は最大で30分だったのが、制限解除され無制限に動画撮影が連続撮影可能となりました
(メーカーや機種によって時間制限があります)

ただし本当に無制限ではなく、
発熱、電源、メディア容量の問題です
特に発熱は一番の壁のようで、発熱のせいで長時間撮影ができない機種も多いようです
特にミラーレス一眼などは軽量小型を売りにしてる割に大きな素子を積んでバッテリーも中に入ってるので熱が籠りやすいようです

実際にα6400でどれぐらいの時間動画撮影できるのか皆さんが試しております(さすが人気機種)
ただ4K30p動画の最大撮影時間の検証がなかったのでやってみました

特に気になる事
本体の発熱(素子やバッテリーが要因)
メディアの容量
給電速度(PDなど非対応のMicroUSB接続)
バッテリーの減り(外部給電しててもバッテリーを充電しながら撮影をしてる感じのようなので充電より消耗のが激しいようです)

結果としては7時間越えてバッテリー残量がなくなり終わりました
バッテリーがだいぶ劣化してるので、状態が良ければもっと撮影ができたかもしれません
メディアは256GB用意して170GBの動画ファイルができたので問題なく足りました(バッテリー持ちが良くなればもっと必要になるかも)

170GB÷7時間=24.2GB/時間
1時間あたり24~25GB必要なようです

256GBなら4K30pの動画で10時間は撮影可能なようです

実際に撮影した動画にDaVinci Resolve 17(初めて使いました)を使って情報を詰め込みを早回しに編集した動画をYouTubeに置いておきましたので、よろしければご覧ください

https://youtu.be/3Cixs1nJn6E

機材と環境
カメラ:Sony α6400(ILCE-6400)
レンズ:Sony E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS (SELP1650)
メディア:SanDisk microSDXC 256GB Ultra Class10 UHS-I A1 海外リテール(SDSQUA4-256G-GN6MN)※変換アダプター装着
電池:NP-FW50
給電:マイクロUSBケーブル経由でACアダプター給電
ACアダプター:Aukey PA-U28(QuickCharge2.0対応)

撮影日時:2021年04月20日19時開始
室温:22.5度(撮影開始時)
三脚に固定して撮影

露出モード:マニュアル露出
記録方式:XAVC S 4K
記録設定:30p 60M
自動電源OFF温度:高

画角:24mm
絞り:F4.5
シャッタースピード:1/60
ISO:6400(オート)
露出補正:+0.7

+1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA