カテゴリー
買い物 考察 カメラ α6400 楽天市場

我慢してたけど結局買ってしまったSmallRigのL型ブラケット(APL2331)を購入しましたが悩んでた理由と合う人合わない人がいるので記しておきますので悩んでる人がいたら読んでください

YouTuberのみなさんが絶賛するSmallRigのL型ブラケット
ずっと我慢してたのですがとうとう購入しました
その理由や便利さ、合う人合わない人、なぜ我慢してたかをお伝えしたいと思います

ブラケットはカメラの足りないを補うアイテムとして存在してます
L型の場合は縦でも横でも三脚やジンバルにすぐに取り付けられるようになってます
他にもいろいろ利点がありますが、もちろん欠点もあります

そして今回購入したのはSmallRigのα6400専用のL型ブラケット APL2331です
まずは開封の様子をどうぞ

箱上部右下にハサミのアイコンがあります
手前側ロゴがありますRの中にカメラがいます
裏はバーコード

箱はいたってシンプル
切り取り線とかロゴとか白でおしゃれ感満載です(個人的見解)

御開帳
本体と六角レンチのみ

箱の中は本体のブラケットとL字の六角レンチのみで説明書などもありません
エコですシンプルです

底面、側面、ウッドグリップ、ねじ回しが合体する優れもの
カメラとは三脚穴で固定滑り止めも付いてます

内容としては
L型ブラケットとして底面ブラケット、側面のブラケット、ウッドグリップ、ねじ回しが合体してて、残りは六角レンチです
側面のブラケットは取り外せますし余白を作る事も可能で、ウッドグリップは取り外せますし、ねじ回しはマグネットで底面に収納できる優れもの、六角レンチだけ合体できず仲間はずれです

ねじ回しは収納可能、側面のは移動&取り外しが可能です
側面はコールドシューと三脚穴がいっぱい

取り付けはカメラの三脚穴に固定します
ねじ回しでくるくるすればすぐに固定できます
外すのも同じでねじ回しでくるくるすればすぐに外れます

3秒くっきんぐ!
キューピーではないので3秒は無理ですが1分で取り付け可能です

そしてマグネットでねじ回しを収納できるので
いつでもどこでもお金がなくても可能です

合体すると無骨な感じでしょうか
上部から見える側面とウッドグリップ
ストラップホルダー分浮きますがちゃんと余白を用意されてます
底面、ストラップを通す謎の縦棒も付いてます
グリップ側、下にストラップホルダーもあります
あt端子がそのまま使えるようになってます
レンズを外して正面から(レンズあると本体が見えないので)
やや上から ウッドグリップが結構分厚いです
SELP1650を装着して正面から
SELP1650を装着してやや上から
SELP1650を装着してやや後ろの上から
撮り忘れてた背面

側面のブラケットも同じネジで固定されてるので
ねじ回しで取り外しやスライドも可能です

側面のは取り外せます
スライドさせることもできます
余白を設けるということは心にも余裕が生まれます

何よりも私が一番気になったのが
α6400のシルバーとSmallRigの色味の相性です
黒ボディであれば違和感ないなとYouTubeで見たのですが
シルバーボディで装着してる人を見つけられなかったのでそれが心配でした
装着してみてどうかと言われるととても良い相性ではなく、悪い訳でもないし、悩ましいなという印象です
グリップ部分がブラックだったのがウッドグリップで(ハンパに)隠れて、底面と側面に黒が移ったという感じですね

個人的な意見はさておき特徴を記述しておきます

アルカスイス互換のプレートに底と左がなってるのでプレートを取り付けなくてもそのまま三脚やジンバル(アルカスイスのクランプ)に取り付けや換装が可能(これが便利)
左にアクセサリーシュー(コールドシュー)が付いてる(モニターを邪魔せずにマイク付けたりできる)
左にブラケットが追加されるけどmicroUSB、microHDMI、マイク入力端子は塞がない(汎用ブラケットだと塞ぐので端子接続分余白を取らないといけない)
ウッドグリップの追加で握りやすくなる(手の小さい人はない方が楽かも)
底面の追加で小指が余って持ちにくい問題が解決される(手の小さい人は装着しなくても小指が余ってない)
装着したままでもバッテリーやSDカードが交換可能(汎用ブラケットだと底面が塞がってしまうので交換の際は取り外しが必要となる)
底面が平らなので置いてもガタガタしないし底上げされるので太いレンズでも平らに置けるようになる

バッテリーとSDカードはそのままアクセス可能
端子類はそのまま使用可能と言いたいけどL型端子はちょっとひっかかる
アルカスイスのブラケットとそのまま合体可能
アルカスイスの三脚とかだと本当に便利
側面もアルカスイスなので縦位置でも合体可能

などなど良い点が多いです
欠点はブラケットを付けないよりは重くなる(141g)
ですね

利点が多いのになぜ悩んでかというのは既に書いたとおり
見た目がどうなるのか
手が小さいので小指は余ってないし、ノーマルでも握りにくいとは思ってなかった
高い(6200円くらい)
専用なのでα6400以外にしたら使えなくなる
重たくなるのが嫌だった(SELP1650は165g)
L型ブラケットケージアクセサリーシュー追加のプレートか悩んでた

そして何故買ったか
アルカスイス互換が便利&平らに置ける
 プレートを付けても良いのだけど平らに置けないのが嫌だったから
楽天スーパーセールで安くなってたから(と思ったら値下げされたっぽい)
・つまりは勢いですね

で、少し触って分かったのが
トップハンドルを付けたい人はケージのが良いかなと思いますが、トップハンドルだけなら本体のホットシューに付けるのを買えばよい
トップハンドルとマイクとモニターとあれこれとなるならケージかL型ブラケットが良いかと思います
マイクと自撮りを併用したいだけなら、ホットシューに付けるプレートか底面に付ける汎用プレートを買えばよい
アルカスイス互換だけを使いたいなら汎用ブラケットか汎用プレートを買えばよい(底面が平らにならない)
重たくなるのが嫌なら買うべきではない
お財布に余裕がない人は我慢するかメルカリなどに頼るべき
(お財布に余裕ないですが買ってしまいました)
物は良いものですので、付けてるだけでも嬉しくはなります(所有欲)
ウッドグリップはさらさら感が強い気がします(滑りそう)

触ってみると気になる点もぼちぼちあります
一番は本体が重たく大きくなりお財布が軽くなったことでしょうか
三脚への取り付け取り外しはやはり快適に便利で早いです

みなさまも検討してみてください
そして今回悩んでた内容をまとめてみました

専用、汎用、ケージの違いまとめ


ストラップ穴に固定なのでホットシューは使える優れもの
+2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA