カテゴリー
買い物 検証 カメラ 楽天市場

neewer DC-38Q(クイックシュー)とPU-50(クイックプレート)を買ったので便利なストラップ運用方法とアルカスイス互換を試してみました

neewerというブランドをご存じでしょうか?
そんなネタは以前書きましたが、今回はneewerのアルカスイス互換のクイックリリースプレートについてです

アルカスイス互換のあひるではありません
クイックリリースシステム

脱着を素早くできるようにするシュー(土台)とプレート(カメラ側)を分けたシステムの事です
元々は(きっと)三脚に取り付ける際にねじ回しをグルグルやってると時間がかかり撮影のチャンスを逃すから発案されたのではないかと信じております

脱着が早いのは撮影現場ではとても利点です
欠点としては部品が増える、安定性の低下、耐久性の問題、脱着の失敗率かなと思います

月日は流れクイックリリースシステムは進化を遂げて、単に三脚だけではなく、カメラホルスター(カメラキャプチャ)やジンバルなどでも使われてます
また逆に三脚もカメラを乗せるだけではなくライトやスマホなどいろいろな物を乗せる事が増えてきてます

その際にクイックリリースシステムなら脱着は容易ですが、三脚からジンバルに乗せ換える際にプレートを外して取り替えてるならば結局ねじを回さないといけないので時間のロスとなります
三脚側も同じです
ライトについてるプレートを取り外し、スマホホルダーに取り付け直さないといけなくなります

アルカスイス互換

そこで生まれたのが「アルカスイス互換」というアルカスイス社の作った規格です
厳密には統一規格ではなくあくまで互換があるよというモノのようで合う合わないがあるようです
同様に「マンフット互換」というのも存在します

この互換の登場によりプレートを交換しなくて三脚からジンバルに乗せ換えができるようになり、飛躍的に便利にそして素早く換装が可能となりました

DC-38QとPU-50

そして本題です
今回はneewerのDC-38QというクイックシューとPU-50という汎用プレートを購入しました
お値段は2,200円くらいです
目的はストラップを付けたいためとアルカスイス互換を試したいからです


購入したDC-38QとPU-50

まず単品で見ていくと、DC-38Qはクイックシュー部分とノブ、下に三脚穴がありますそして左右とノブの反対にはストラップホルダーが付いてるので、ここにストラップを通しておきます

DC-38Q ストラップホールが3つとノブ、三脚穴があります
DC-38Q裏面
ストラップと合体

それと汎用のクイックプレートPU-50これはカメラ底面の三脚穴に固定しておいて、DC-38Qと合体させておきます

PU-50
上下は落下防止のピン、真ん中のねじをカメラの三脚穴に固定しますが、コインやドライバーが必要なのが残念

そうすればカメラにストラップを付けなくてもストラップが使えるという訳です

カメラと合体の図
ぶら下げてみたの図、正直言えばバランス悪いです
ハンドストラップに変えた図。横から見ると結構厚みもあります

そしてクイックリリースシステムなので外したければサッと外せますし、三脚やジンバル、カメラホルスターなどへの換装もすぐにできてしまいます
そしてDC-38Qは首から下げたままカメラを使うことができるので、ストラップをしまったり無くす事もありません
なんと便利な!

アルカスイス互換チェック

そしてここからは以前買ったpeakdesignのカメラキャプチャもどきのカメラホルスターとの互換チェックとなります
多分アルカスイス互換だろうと思って買いましたが、アルカスイス互換の機材を持ってなかったのでやっと試せるという訳です

左が以前買ったカメラホルスター、右が今回買ったDC-38QとPU-50
側面 ホルスターはもう少し薄くなると良いですが逆にプレートは薄いです
背面、ホルスターは三脚穴があり、ホルスターのプレートは手回しができるネジです

比べてみましょう
クイックシュー側はホルスターはカバンなどに固定する部分があるため分厚いです(が、分厚すぎます)
逆にクイックプレートはホルスター付属のほうが薄いようです

背面を見て気づきましたが、ホルスターにも三脚穴が付いてましたので、三脚用としても使えるのですね
そしてクイックプレートも厚みだけではなくホルスター付属のプレートの三脚ネジは手回しができる用の取っ手が付いてます
ありがたや

PU-50は落下防止のピンがあります(もしかして取れる?)

PU-50はコインなどでカメラに固定しないといけません、そして左右に落下防止のピンがあります

見事にはまりました
がっちりアルカスイス互換ですね

DC-38Qとホルスターのプレートは見事にはまりました
しかもPU-50より薄いので良い感じです

逆にPU-50とホルスターはプレートを固定する部分は同じアルカスイス互換のようで、はまりそうですが落下防止のピンがあるため高さがずれて浮いてしまい、はめることはできませんでした
(ホルスター側に落下防止のピンの穴がないため)
ここが統一規格ではなく互換という難しさなのだなと実感しました


neewerというブランドのネタ振り
カメラホルスターの話
+1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA